おしゃれに見せるのは個性から

おしゃれをしてメイクをしても吹き出物やシミがあると台無しなように、洋服でめい一杯のおしゃれをしても、体型や姿勢がイマイチならば、せっかくのおしゃれが台無しです。

 

しかしメイクをして、シミや吹き出物をコンシーラーなどで隠せば、メイクは完璧です。こんな風に、洋服もお尻を締めてお腹を引っ込めたり、矯正下着を着たり、ガードルを履いたりして体型をカバーすると良いのです。

 

そして姿勢は、だらっとした猫背ではなくて、いつもりんっとしていて、きちんと真っ直ぐで正しい姿勢なら、そのおしゃれに装った服装は完璧です。全てに置いて完璧な人はいません。

 

だから補正したり、補修したり、何らかの手立てを加える事でおしゃれに見えるように出来るのです。洋服でもちょっとスカーフを巻いたら素敵なイメージに変わったとか、ベルトをしたら良い格好になったと言う時があります。そんな風に既存のままでは、店舗に飾っているマネキンと同じなのです。着る人によって自分のスタイルに合うように、個性を出すと良いのです。

モーニングアフターピルって知ってますか?